fc2ブログ
味な宿みゆきの杜

プロフィール

miyukinoaji

Author:miyukinoaji
北信州の大地で育まれた美味しい食材をふんだんにつかって心を込めてお作りしています。

最新記事

最新コメント

味な宿★みゆきの杜
清風館と神峯山
絶景の露天風呂

ラーメンで腹を満たした後、木江地区にある温泉旅館「清風館」を目指す。
瀬戸内を一望できる露天風呂で有名な大型ホテルで、立ち寄り入浴もまた人気らしい。

週末も絡み、家族連れが多い。もちろんGOTOを使っての利用に違いない。

入浴料は700円と比較的良心的だが、うわさにたがわず露天風呂からの景色は一級品だった。
海の見える露天風呂を売りにする温泉も少なくはないが、海面からの高さが十分に確保された、多島美を堪能できる温泉は此処くらいしか見当たらない。
11_20201126055014114.jpg

12_20201126055016224.jpg

13.jpg

が、一つ残念なのは、お湯がジェットのごとく流れ注がれる音が、景色の魅力をそいでしまっていることである。
海が近いので、さざ波や船が波切る音、ポンポン船の音も聞こえるはずなのだが、そうした音がすべて湯注がれる音でかき消されてしまっている。

同じように思っている利用者はおおいはずなので、ここはこっそりアドバイス的投書をして改善をお願いしようと思う。



神峯山へ

入浴後、ホテルのロビーでS氏に落ち合う。
私は2年ぶりだが、家族はもちろん初めてである。
コーヒーを飲みながらひとしきりの雑談後、S氏も一緒に神峯山へ向かうことにした。

瀬戸内を見下ろす絶景ポイントは数多く紹介されているが、ここ神峯山は車で上がれる瀬戸内最高峰だという。
展望台が何か所かあり、それぞれで微妙に見える角度が違っている。

はじめて訪れた時は衝撃的だった。
景色をながめて背中が震えたのはこれまでの旅人生においてわずか3回しかない。

釧路湿原
グランドキャニオン
ニューヨークウォール街

はじめての神峯山は、NYに続く4度目の「震える」経験だった。
暗澹たる山の連なり、水墨画のような色合いの絶景に、本当に背中がゾクゾクしたのを鮮明に覚えている。

その時の写真
4_202011260541134c7.jpg

あまりに感動的だったので、その二日目もお願いして、再度連れて行ってもらった。
二回目は晴れた瀬戸内を眺めることができた。
5_20201126054114854.jpg

昨年は山の中腹にある「山尻集会所」までコミュニティーバスに乗り、そこから歩いて山頂にやってきた。
日没まで待機し何枚も写真を撮った。
7_20201126055009ad7.jpg

8_202011260550106b0.jpg

6_20201126054116658.jpg


そして三度目は小雨の中、登ってきた。
5_202011261717066c2.jpg


新型コロナの関係だろうか。手入れされずに伸びきった松の木が、視界の邪魔になっていたが、初めて訪れた時同様、そこのは薄墨色の瀬戸内のしまなみが広がっていた。
3_202011261717036e6.jpg

2_20201126171517d7b.jpg


丁度、そこに近くの発電所で積み荷を降ろしたと思われる、川崎汽船の貨物船が通過していった。

スポンサーサイト